テニスの歴史

てのひらラケット「ジュ・ド・ポーム」がテニスの起源

「ジュ・ド・ポーム」という12世紀のフランスの修道院などで行われていた遊びがテニスの起源といわれています。
ジュ・ド・ポームのポームは「手のひら」のことで、羊の皮を縫い合わせた中に動物の毛をつめて作ったボールを、中世のカトリック修道院の石畳の中庭で、修道士たちが手袋をはめた手でボールを打ち合って楽しんだそうです。最初は手で打ち合っていたそうですが、痛かったのでしょうか、グローブをはめたり船の櫂のような物を使ったり、スピードを出すために長い柄をつけたりと変化したようです。

500年前のラケット

イギリスのウィングフィールド少佐(Walter Clopton Wingfield)が屋外でできる新しいラケット・ゲームとしてラケットとネットとボールとそのルールをセットにした遊びに3年間の特許を取りました。このゲームにウィングフィールドはスファイリスティク(Sphairistike:ギリシャ語でball gameを意味する)あるいは、このゲームの特徴が芝生をコートとして使用したことからLawn Tennisという名前を付けました。彼の発明したこのゲームは屋外で男女ともにでき、運動になるという点でこれまでのいかなるスポーツとも異なっていました。あっという間にこのゲームはローン・テニスという名前で人気になりました。

今までのスポーツと違い、女性も楽しめるというテニスの特徴が受け入れられ、婦人たちは馬車に乗り、バスケットに紅茶とお菓子を入れてクラブに集まり、ボンネットをかぶり、長いスカートに手袋という優雅な姿でテニスを楽しんでいました。

優雅な姿でテニスを楽しむ婦人たち

1876年神奈川県の横浜市にある山手公園で日本ではじめてテニスが行われました。さらに2年後の1878年(明治11)に、この地にわが国初の『婦女弄鞠社(レディズ・ローンテニス・アンド・クロッケー・クラブ〈LLT&CC〉)』がつくられ、現在のYITC(横浜インターナショナル・テニス・コミュニティー)となっています。1878年レディース・ローン・テニス・アンド・クロッケークラブ、現在の横浜インターナショナルテニスクラブがこの地に5面のテニスコートを建設しました。この地は日本のテニス発祥の地とされています。1876年6月に山手公園でテニスが行われたという記事が、『ジャパン・ウィクリー・メール』という新聞に書かれています。

1878年には、横浜在住のイギリス婦人たちによってLadies Lawn Tennis and Croquet Club(レディーズ・ローンテニス・アンド・クロッケークラブ)が結成されました。このテニスクラブは、「横浜インターナショナル・テニス・コミュニティー(YITC)」という名で今もこの地に残っています。『ローンテニス』というのは、一般的なテニスのことです。壁に囲まれた場所で行うロイヤル・テニスやコート・テニスと区別するためにこの名称が使われていました。

出典:テニス発祥記念館

テニスの発祥地の記念碑